2007年06月12日

BitTorrento 合法ダウンロード開始

ファイル交換サービス大手の米ビットトレントが、制作会社からライセンスを受けた映画のダウンロード販売を行うサイト「ビットトレント・エンターテインメント・ネットワーク」を米国時間26日に立ち上げ予定となっている。
ワーナー・ブラザーズ、パラマウント・ピクチャーズ、20世紀フォックス、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー、ライオンズゲートの映画を扱い、テレビ番組からも提供を受ける。
サービスは、ビットトレントを海賊版のファイル交換のために日常的に使用しており、リビングルームの大画面テレビよりもパソコン上で映画を視聴することの多い若い世代を対象としている。
同社では1億3,500万人だというユーザーのうち少なくとも3分の1は高品質の合法コンテンツのために料金を支払うことを選択すると見込んでいる。同社のアシュウィン・ナビーン社長はAP通信に対して、今後はスタジオが収益を得ることのできるサービスへと転換する必要があると述べた。
テレビ番組は、アップルのiTunesのような競合サイトで一般的である1.99ドルの価格でダウンロードできる。同サービスでは映画の24時間レンタルも行う。
新作は3.99ドルで、その他の作品は2.99ドルとなっているが、製作会社の価格要求が高すぎるため、映画の販売を行うかどうかはまだ決定していない。
日本のアニメや高画質のビデオも提供される予定。
個人が同サイトで作品を公開することもできる。
アシュウィン・ナビーン社長は「ユーザーがこれまでただで手に入れていたものに対して妥当だと感じられる価格を設定する必要があった」と語っている。
ビットトレント技術はブラム・コーエン氏によって開発されたもので、目的ファイルの断片をインターネット上の複数のコンピューターからダウンロードして元のファイルを得るファイル転送技術。
中央サーバーを必要としないためダウンロードが効率的に行える。
条件が整えば、長編映画も30分ほどでダウンロードが行える。
2005年に映画スタジオがファイル交換サービスの米グロックスターに対する訴訟で有利な判決を得た後、ビットトレントは違法ファイルへのリンク削除に同意し、合法コンテンツのライセンスを得るための協議を始めた。
映画スタジオは、マイクロソフト製の強力なデジタル著作権管理(DRM)を採用してからピア・ツー・ピアでのコンテンツ配信により前向きな姿勢となった。
ビットトレントのコンテンツは、 Windows Media DRM によって保護されており、Windows Media Player上でしか再生できない。
posted by bittorrent at 10:40 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BitTorrent

Bram Cohenによって開発された
P2P配信ソフトウェア

従来のインターネット配信ではホスティング先に大量にアクセスが集中するため人気サイトなんかでは負荷分散するか豊富な帯域(=太い線)を
用意する必要があったわけでそれがP2Pだとクライアントマシーン(ネットに接続されたPC)を渡り歩いて配信されるわけで、そういう気苦労がいらないということになる。
従来のP2Pでも帯域の集中は避けられない問題だったわけなんだけどBram Cohenはそこを解決している。

またP2Pというとファイル交換ソフトをイメージするがBram Cohenの場合「非匿名性」がうりなのでコンテンツホルダーともすでに合意が成立しています。
20th Century Fox、G4、カドカワピクチャーズUSA、Lionsgate、MTV Networks、Palm Pictures、Paramount Picturesなどなど

新サービスでは「BitTorrent Entertainment Network」さまざまな映画や音楽がダウンロードできるようになります。
じつは従来の配信サービスは膨大なストリーミングやダウンロードサーバーのホスティング費用がかかりTVなどの放送と違って配信コストがサービサーの悩みでした。
それを解決することができればオンライン配信ビジネスは飛躍的に拡大するでしょう。
ここがP2Pの利点を活かして口コミやランキングなどのBuzz効果を獲得すればオンラインサービスの本命になるかもしれませんね。
因みにBitTorrentのP2Pソフトウェアをダウンロードしたユーザーは世界で1億3500万人を超えておりイギリスでは「オンライントラフィックの35%をしめた(2004年)」なんて記事もありました。



posted by bittorrent at 10:40 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BitTorrentって何?

BitTorrent(ビットトレント)とは、俗に「ファイル共有ソフト」とか「P2Pソフトウェア」と言われている分野のソフトです。
P2Pソフトウェアで有名なものは、「Winmx」や「Winny」というものがあります。
これまでの P2Pソフトウェアと大きく異なるのは、既存の法則に反して「人気のあるファイルであればあるほどダウンロードが速くなる」という特徴があります。
それまでの P2P ソフトウェア(例: Winmx など)は、豊富な帯域をもっている限られた数のユーザのまわりに、帯域の貧弱な大量のユーザがぶら下がるという構図でした。
このため、混雑すればどうしてもダウンロードの要求が一極集中するため遅くなります。
ですが、BitTorrent(ビットトレント)は「相手(ピア)からファイルの一部を受けとるには、自分もファイルの一部を渡さなければならない」という規則を導入することによって、貧弱な回線をもつユーザでも全体のファイル配布に協力させる機能となっています。
その結果、人気のあるファイルに対する要求はピアの数が莫大なため、それだけ多くのユーザが配布に協力することになり、結果として速く浸透する、つまり高速にダウンロードできる。
この方法によって、従来では考えられなかったほどの巨大な容量を持つファイルの送信が可能になっています。
現在では、主要なフリー/オープンソースソフトウェアのほか、音楽・映画・商用アプリケーションがBitTorrent(ビットトレント)を介して提供されています。
BitTorrentは、分類的には第1世代に近いものです。というのも、一応、中央サーバー(Index Siteと呼びます)が存在するからで、ここからダウンロード時に必要な情報であるトレントファイルを入手できるという点では間違いなく第1世代でしょう。
ただ、そこから先がだいぶ変わってきます。
まず初期状態で、あるサーバーからファイルを配布することに決めたとします。
すると、サーバーは接続してきたクライアントに対し、全体を細切れにして渡します。
クライアントA〜Dに全体のファイルの4分の1ずつを渡す形です。
これを渡し終わると、サーバーの役目は原則として終了になります。
一方、クライアントはというと、相互に渡された断片同士をお互いに補完しあう形でダウンロードとアップロードを繰り返していき、最終的にすべての断片が揃ったところでダウンロード終了という形になるわけです。
このお互いが補完しあうという構造は、Winnyなどにもある種似ていますが、Winnyなどではあくまでファイルそのものが配布されており、この結果かなり大きなファイルとなると特定のクライアントへの帯域への負担が大きくなります。
これに対してBitTorrentは、ファイルを細かく断片化することにより特定のクライアントへの負荷を減らすことが可能であり、巨大なファイルであっても比較的容易に配布できる、という点が従来のファイル転送技術と大きく異なる部分でしょう。
ちなみにBitTorrentでは、Winnyや(説明はしていませんがWinnyに代わって最近普及しつつある)Shareなどと違い、匿名性への配慮はありません。
従って、BitTorrent自体は著作権保護機能などはないので、著作権違反などのファイルを転送すること自体は可能ですが、これは容易に発見・追跡が可能です。
実際、2005年にはBitTorrentを使って映画やソフトウェアなどを配布していたネットワークの摘発が行なわれました
posted by bittorrent at 10:39 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BitTorrent P2P

P2Pという言葉を目にしたことがあるでしょうか?
一時話題になったナップスターとか、音楽の MP3 ファイル共有という視点なら知っている人も多いかもしれませんね。
でも、実は P2P とは、音楽ファイル共有だけを表す言葉ではありません。
今回は、まず P2P とは何かということから、もう一度考えたいと思います。
P2P とはピア ツー ピア(peer to peer)の略語です。ピア(peer)とは「同僚」という意味を持つ言葉で、ピア ツー ピアとは一般的に対等な同僚であるパソコンとパソコンが通信をすることを表します。
「パソコンとパソコンが通信? 当たり前じゃないの?」
そう普通に考えたら当たり前の話が、実は最近になってやっと本格的にできるようになったというのが、コンピュータの世界の現実なのです。
実は現在のコンピュータの世界は、サーバーに支配されています。
メールをするのもインターネットを見るのも、パソコンはそれぞれのメール「サーバー」や Web「サーバー」に頼ります。
パソコンはサーバーがないと何もできないのです。
電子メールを例に考えてみましょう。
電子メールはあなたのパソコンに直接届いているようにも見えます。
でも、実は相手が送ったメールは、一度会社やプロバイダのメールサーバーを経由してあなたに届いているのです。
つまり、メールサーバーはマンションの郵便ポストのようなものです。
メールはポストに届き、あなたのパソコンはそのポストを定期的に調べているだけなのです。
そのため、ポストであるメールサーバーがないと、誰もあなたにメールを送ることができなくなります。
もっと簡単に例えてみましょう。
パソコンを子供だと思ってください。
親であるサーバーがないと何もできない子供です。
他のパソコンに手紙を出すのも、グループウェアのように情報共有するのも、インターネットで情報を検索するのも。
子供であるパソコンはサーバーがいないと何もできません。
でも、ここ数年のパソコンの急速な進化で、子供だったパソコンたちは、昔のサーバーよりはるかに高度な能力を持つようになっています。
CPU は超高速、ハードディスクも数十ギガバイト単位。
ネットワークもブロードバンドで、サーバーと同じように常時接続させることが可能になりました。
パソコンはついに大人になり、親であったサーバーと同じ能力を持つようになったのです。
では、現在のパソコンたちは、まだサーバーに何もかも頼らないといけないのでしょうか?
今のパソコンは、もっといろんなことができるのではないでしょうか?
そこで改めて注目されているのが、P2Pという技術なのです。

posted by bittorrent at 10:38 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BitTorrentとは?

2001年にブラム・コーエン(Bram Cohen)氏が開発したファイル共有システムのプロトコル、およびこれを採用したファイル共有ソフト(P2Pソフト)。
“Torrent”とは急流・激流といった意味で、高速にダウンロードできるよう設計されていることを意味している。
BitTorrentの商標と公式のクライアントソフトは同氏の設立したBitTorrent社が管理している。
従来のファイル共有ソフトでは、回線環境の悪いユーザが回線環境の良いユーザにぶら下がり、人気のファイルほど入手しにくくなる傾向があったが、BitTorrentでファイルを取得するためには回線環境の悪いユーザであってもファイルを提供しなくてはならないため、人気のファイルはそれだけ多くのユーザから配信され、トラフィックを集中させずに高速にファイルを配布できる。
BitTorrentにはWinnyやFreenetなどとは異なり匿名性を保つ機能はなく、誰がどのようなファイルを公開しているかは容易に分かるようになっている。
他のファイル共有ソフトと同様に著作権問題が取り沙汰されたが、BitTorrentで非合法のファイル共有を行なっていたユーザやそれらユーザのリストを公開していたWebサイトを米司法当局等が積極的に摘発したこともあり、オープンソースソフトの配布など合法な目的で使われることが中心になっている。
BitTorrentを使用するには対応したクライアントソフトが必要で、同社の配布している公式クライアントのほか、いくつかの互換ソフトが公開されている。
Windows用で利用者の多いBitComet、Java製で多数のOSで使えるAzureusなどが有名。
また、最近ではOperaやMozillaなどのWebブラウザの次期バージョンにBitTorrentの機能が取り込まれることが発表されている。
BitTorrentのクライアントソフトを起動すると、「トラッカー」と呼ばれるサーバに接続し、ファイルの送受信を行なっているマシン(ピア)のアドレスリストを受信する。
ピアに希望するファイルが無いか訪ね、存在した場合は接続してダウンロードを開始する。
トラッカーのリストは「.torrent」という拡張子のファイル(トレントファイル)に記述してあり、インデックスサイトと呼ばれるWebサイトからダウンロードしてクライアントソフトに読み込ませる。
posted by bittorrent at 10:37 | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。